足裏と健康の関係性

2020年6月26日(金)2020年7月2日(木)

足の血行を良くする方法

血行不良は免疫力の低下とともに身体に様々なトラブルを発生させます。日常的によくあるものとしては冷え性、足のむくみ、腰や関節の痛みなどに現れます。

特に足はデスクワークなどで長時間動かさないでいる状況になりがちな現代人にとって、血行不良を起こしやすい場所でもあります。

このような血行不良を少しでも改善させるために、ここで足の血行を良くする方法をいくつかご紹介します。

足の血行のイメージイラスト

生活習慣の問題

元々血液は重力によって下半身に約80%溜まっています。これに加え、血行不良の要因としてよく言われるのが運動不足です。体を動かすことによって血流の循環を促しているため、長時間動かないでいると血流が悪くなってしまうのです。

また、ストレス(自律神経)や食生活の乱れも要因のひとつになることがあります。

これらの生活習慣を意識的に改善していくのは重要ですが、これまでの生活習慣で乱れてしまった身体のバランスを食べ物や運動だけで改善するのは無理があります

そこで、積極的に足のケアを行い、足裏のバランスを整え早歩きを心掛け、血流の循環を促すポンプ作用を助けることで足の血行を良くする必要があるのです。

なぜ足裏のバランスを整えるといいのか?

足とは人間の土台となる部分です。足裏のバランスが崩れているとポンプ作用が弱くなります。

さらにその上に乗っている身体全体のバランスも乱れ、余分な負担が筋肉を疲労させて硬くなり、上半身の血行も悪くしてしまうのです。

現代人の多くは、足裏のバランスが崩れてしまっています。現代の街の生活では幼い頃からの足裏への刺激が不足していたり、形に無理のある靴を履いて生活している人が多いためです。

ですので、まずは足裏のバランスをしっかりと整え、正しい歩行を促すことが大切です。

運動や食事を意識するのはそのあとです。せっかく運動や食事を意識して努力しても、足裏のバランスが崩れたままでは足の血行を良くすることは難しいのです。

足の血行を良くする方法

足裏のバランスを整えるには、カサハラ式足裏バランステーピング法がお勧めです。このテーピングで足への力学的負担を軽くし、重力とのバランスをとるのです。

また、テーピングが難しそうで心配という場合には、もっと手軽にテーピングに近い効果を得られる3本指テーピング靴下をお勧めします。

靴下にテーピングサポーター機能が内蔵されており、履くだけで自然と正しい歩行を促します。まずは足裏のバランスを整え、運動を意識するのはその次です。

開脚運動などのストレッチで筋肉の緊張をほぐし、特に股関節を正常に戻すことで上半身と下半身の血行を良くします。最後に、食べ物です。

まずは足裏のバランスを整え土台から改善を促し、次に筋肉の緊張をほぐし、最後に結構に良い食べ物を意識する。この3つを上手に揃える必要があるのです。

また、さらに効果的に早く足の血行を良くしたい場合には、足裏専用マッサージ器の併用もお勧めです。
カテゴリ:足裏と健康の関係性

施術のご予約・お問い合わせはこちらから

045-861-8558

受付時間 09:00~19:30(月~土 祝祭日除く)

※電話番号をタップしていただくと電話をかけることができます。お気軽にお問い合わせください。


上に戻る