足の痛み

2020年5月15日(金)2020年5月18日(月)

ヒールを履いていると足が痛む理由と、対処方法

底の固いヒールやパンプスを履き続けていると足の甲から第1指と第2指にかけて痛みが出てきます。

また、痛みは足背部だけとは限らず、裏側にもあります。人によっては足の裏だけが痛んだり、しびれたりもします。

ヒールは足の甲をしっかりと押さえる構造になっていないため、靴が脱げないように足の指先を上げて押さえようとしてしまい、指上げ歩きになってしまいます。

この指上げ歩きが足の痛みの原因です。指上げ歩きをしないよう、テーピングや靴に正しい対応をすることで、痛みを改善していくことができます。

足首が痛い女性のイラスト

足の痛みの症状と進行具合

最初はチクチクとした軽い痛みから始まり、我慢していると歩くたびにズキズキとした痛みに変わります。

さらにひどくなると、第2指の付け根の部分が熱っぽくなったり、腫れも出てきます。

第2指の付け根の部分を上下から強くつまんでみると激痛があるため、すぐに診断できます。

指上げ歩きをしていると第2指の付け根を強く打ち続けながら歩くことになり、その状態が続くと骨が破壊され変形が始まり、神経を刺激して強い痛みが起こるのです。

足の痛みへの対処は早いうちからテーピングをするのがおすすめ

このような痛みが起こったら、早めにカサハラ式足裏バランステーピングで足裏のバランスを整えることをおすすめします。

合わないヒールを履き続けることによって不安定になってしまった足裏を、テーピングで正しく固定することで元の正常な状態に戻すのです。

また、靴の底には人工筋肉の免震インソールを入れて、地面からの衝撃を適切に和らげるとさらに良いです。

これらの対処は早ければ早いほど良いので、足が痛むと思ったら我慢せず、早めに症状を確認し、適切な対応をすることが重要です。
カテゴリ:足の痛み

施術のご予約・お問い合わせはこちらから

045-861-8558

受付時間 09:00~19:30(月~土 祝祭日除く)

※電話番号をタップしていただくと電話をかけることができます。お気軽にお問い合わせください。


上に戻る