膝の痛み

膝の痛み

1.問診、足裏測定

問診、足裏測定器(フットルック)で、ひざの痛みの原因を突き止めます。
ひざの痛みは運動のしすぎ、年のせい、老化、使いすぎなどではないのです。その原因は足裏のアンバランスにあることが多く、なぜ足裏のバランスが崩れているとひざの痛みが起こるのかを力学的にわかりやすく説明し、40歳以降の女性に対しては「ヘバーデン結節」が膝に発症する「ひざヘバーデン」の有無も判断していきます。
※院長 笠原 巖の予約に足裏測定器「フットルック」はありません。

フットルック撮影とカウンセリングの様子(c)2018 (株)足裏バランス研究所

2.低周波や足裏専用マッサージ器による血行促進

低周波や温熱療法、専用マッサージ器でひざの周りやひざの裏を中心に緊張をほぐし、ひざの血行促進で回復力を高めます。

足運螺旋用マッサージ器によるマッサージの様子(c)2018 (株)足裏バランス研究所

3.手技によるGバランス整体

手技にて筋肉や靭帯の緊張をほぐしてから足裏からひざ、腰のバランスを整え、ひざの歪み(ズレ)を正します。

手技の様子(c)2018 (株)足裏バランス研究所

4.カサハラ式足裏バランステーピング

足裏やひざ、腰のバランスを整えるため、その土台・基礎となる外反母趾や浮き指・扁平足に対応するテーピング法で足裏のバランスを整えます。

テーピングをする様子と、テーピングをした足(c)2018 (株)足裏バランス研究所

5.弱い部分への固定や補強

繰り返される負担からひざを守り、安静を保てるようにするため、サラシ包帯固定や専用サポーターで補強します。
ひざを改善するには、「歩ける包帯固定」「歩ける包帯ギプス固定」「サラシ無重力療法」という固定法で自然治癒力(自己治癒力)を最大限に発揮させることが必要不可欠です。

サラシ包帯固定とサポーターによる補強の様子(c)2018 (株)足裏バランス研究所

6.自分で出来る改善法の指導

自宅で出来る改善・予防法の指導やアドバイスをします。

笠原巖先生による施術後のアドバイス(c)2018 (株)足裏バランス研究所
施術に関する『よくあるご質問』にお答えします。ここをクリック

上に戻る