KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





足から美と健康へ!過労性構造体医学

〜中級編〜
 
中級編では、足に異常が起こると、どのような症状がでるのかについてご説明します。

足裏が歪み、入門編で学んだ足の3つの役割が機能低下すると、全身に下記のようなアンバランスが発生し、全身に悪影響を及ぼします。

@安定機能の低下

●積木の一段目の原理 ⇒ 骨格や姿勢を悪くする

(例)O脚、X脚、膝反張、顎関節症、偏頭痛、左肩こり、顔面の左右差、側弯症、猫背、骨盤のズレ、下腿の長短差、開脚運動制限、悪い歩き方、骨盤の四角映像、下半身太り、下肢の冷えやむくみ・だるさ、静脈瘤、下肢の肉割れ、巻き爪

A免震機能の低下

●地震の縦揺れ・横揺れの原理 ⇒ 過剰な衝撃とねじれによる破壊のエネルギーが発生

(例)変形性膝関節症、半月板損傷、十字靭帯損傷、関節の変形、疲労骨折多発、中高生の分離症ヘルニアの激増、頚椎の変形多発、スポーツ障害多発、自律神経失調症、頭痛、肩凝り、メニエル、血圧の高低偏り、うつ病、著しい冷え性、パニック症、不眠、頭の重さ、頚のだるさ、ED、眼圧異常、不整脈、アキレス腱断裂の根本原因

B運動機能の低下

●竹馬の原理 ⇒体が硬くなり、運動能力が衰える

(例)運動能力の低下、柔軟性、敏しょう性、調整能力の低下、持久走の低下、顔面転倒、子供の転倒率と骨折の頻度の比例、成人病の発生原因、高脂血症、心筋梗塞、脳溢血、脳梗塞、生活習慣が原因となる糖尿病

                                                 著作権©


次に世界で初めて力学的に解明した、自律神経失調を引き起こすメカニズムについてご説明します。

メニューに戻る 自律神経失調メカニズムへ
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。