KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





足から美と健康へ!過労性構造体医学

〜入門編〜

入門編では、理論の基本となる足の役割についてご説明します。

足裏には、次の3つの原理に基づいた3つの役割(機能)があります。
安定機能、免震機能、運動機能の3つです。


↑それぞれの機能をクリックしてください。


足裏に歪みがあり、これら3つの足裏の機能が1つでも衰えると、それに伴って全身にも悪影響が出てしまうのです。これが、慢性的な頭痛・肩凝り・腰痛・膝痛・自律神経失調・肥満のはじまりなのです。

まずは足裏のバランスを整えて正しい歩行をすることで、重力とのバランス(調和)を効率的に保つことです。これが本物のダイエット法であり、美しいスタイルや健康な体に結びつくのです。

この方法は、素人であってもまた専門家であっても、根本の考え方がここにある以上ここを出発点にとらえなければならないのです。

なぜなら、人間は重力とのバランス(調和)を最優先し、その重力とのバランス(調和)を最も多くコントロールしているのが足裏のバランスであり、難しく言うと重力に対する力学なのです。この重力との力学は、どんなに優れた医師であってもまた科学者であってもこの理論をくつがえすことはできないのです。これは、自然界の法則に従ったものだからです。

メニューに戻る 中級編へ

Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。