KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


足裏バランステーピング法
<テコの原理について>

 足裏バランステーピング法は、“力点・支点・作用点”のテコの原理に基づいています。それらについて、簡単にご説明しましょう。(下の図を見ながら読まれると、わかりやすいと思います。)

 外反母趾や指上げ足などの不安定な足は、足の指に踏ん張る力がないため、親指が人差し指側へ押されてしまいます。この親指を内側へ押す力が、“力点”となります。

 すると、親指の付け根を軸(“支点”)として、小指側下に外へ出ようとする力が発生します。これが“作用点”です。

 つまり、親指に力が加わることで、支点と作用点を結ぶ線上に力が加わり、その線上に様々な痛みや変形を引き起こしてしまうのです。
 
足裏のバランスを整えるテーピングの原理


指上げ足・外反母趾・偏平足などによる不安定な足裏 支店と作用点を押してバランスを整える! テーピングやテーピング靴下で整った安定した足裏


 足裏バランステーピングは、このテコの原理を応用して支点と作用点を内側に押すことで、ゆるんだ足裏のたて・横アーチが再生し、親指・小指が広がることを目的としています。指が広がることで足裏が安定し、足指を使って正しい歩行ができるようになるのです。

足裏バランステーピング法の効果

不安定な足裏 不安定な足裏を整える原理 テーピングで整った足裏

戻る

Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。