KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜膝の軟骨の損傷〜

  症状は?
 
 負傷の瞬間がはっきりしないにも関わらず、ひざが痛んだり腫れたりします。一定の角度で加重するとズキンと激痛がし、屈伸する時、引っかかったような感じのロック現象もあります。X線や内視鏡検査を受け、初めて症名を告げられることが多いいのです。中高年の肥満傾向と足裏が不安定になっている人のひざに多く見られます。

  原因は?

 半月板損傷は地面からの(過剰な衝撃)と(必要以上のねじれ)、この2つの有害な破壊力が構造科学に的にアンバランスにあるひざ(前後 左右 上下)に繰り返され、特に衝撃の破壊力が軟骨に多く作用したことが原因です。外反母趾や指上げ歩き、偏平足が(過剰な衝撃)をより多くひざへ伝えてしまった結果なのです。

  改善策は?

電気による治療 電気で血行促進を図り、患部の活性化を促す。
3裂サラシ 3裂のサラシ包帯を2本使用する。
膝のサラシ固定 固定を徹底し、まず保守的な療法を心がける。
専門家によるカウンセリング 症状がひどい場合は速やかに専門医の指示を仰ぐ。

※このような傷害を起こす人は、日常生活の中で痛みはなくてもすでに90パーセントの要因が溜まって、残りの10パーセントの損傷に達してしまう。この事実を読み取り、「負担度より安静度が上回る固定」を必ず行い、靴の中にも専用インソール(人工筋肉治療用)を入れることも必要です。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。