KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜膝の奥、中心部が痛む〜

  症状は?
 
 初期の頃は歩き初めが痛く、慣れてくると痛みが消えます。進行すると歩くたびにひざの奥のほうで痛みが走り、最後にはじっとしていてもズキズキする痛みがあります。おさらの下部から親指で上方に押し上げると激痛がし、おさらの下部の脂肪組織が肥厚し、盛り上がっているのが特徴で、足の長い女子に多く見られます。

  原因は?

 下肢が真っ直ぐすらりと伸びたひざで、重心が中心部に集中し、衝撃をうまく逃がせないことが原因です。この生理的弯曲の消失したひざに外反母趾や指上げ歩きからくる過剰な衝撃(ヒールストライク)が繰り返され、内部の軟部組織の破壊や炎症を起こしてしまうのです。

  改善策は?

電気による治療 電気で血行促進を図り、患部の活性化を促す。
膝のサラシ固定 負担度より安静度が上回る固定を患部に施す。サラシ包帯の上には必ず3裂の弾性包帯を巻く。
免震インソール 靴の中には必ず過剰な衝撃を防ぐ為にクッションなどを入れるか専用インソール(人工筋肉治療用)を使用する。
. 常にひざを曲げて立つ癖を付け、ひざへ伝わる過剰な衝撃を防ぐ。

※この痛みは治りにくく、中途半端にしておくと成人してかも痛みが残ってしまので、早めに負担度より安静度が上回る固定が必要です。専用インソール(人口筋肉治療用)などが必要なことは言うまでもありません。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。