KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜膝の前側が痛む〜

  症状は?
 
 中学生ぐらいの少年に多く、おさら(膝蓋骨)の下の骨(脛骨粗面)が出っ張ってきて、そこを押すと強い痛みがあり、正座をして床に当たった時など激痛がする状態です。ひどくなると歩いたり、膝を
曲げただけでも痛みを感じます。

  原因は?

 サッカーや陸上などで膝をやや曲げ加減にして長時間スポーツをしていると、ももへの負担が大きくなり、もも筋肉(大腿四頭筋)が疲労して固くなっていきます。そこへさらに靴の中で足指を上げた格好でスポーツしていると、大腿四頭筋への負担が倍増されてしまいまい、筋肉より疲労して柔軟性を失います。この緊張状態が続くとお皿の下にある膝蓋靱が持続的に引っ張られるため、成長途中にある勒帯の着付部の軟骨が剥離され、骨が出っ張ってくるのです。剥離骨折の状態なのです。

  改善策は?

電気による治療 電気で血行促進を図り、患部の活性化を促す。
3裂サラシ包帯 3裂のサラシ包帯を1本半使用する。サラシと3裂に巻いたサラシ包帯。
膝のサラシ固定 厚紙副子はサラシ包帯の中へサンドイッチ状にして巻く。
膝サポーター サラシ包帯の上に弾性包帯を巻く、また弾性サポーターを使用する。

※しっかりした固定をすれば平均一ヶ月半で治るものです。これ以上長引く場合は固定が甘い証拠。出っ張ってところに厚紙を当て、さらし包帯を巻いてください。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。