KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜かかとの痛み〜

  症状は?
 
 踵骨骨低棘(しょうこつこつていきょく)と呼ばれる症名で、朝歩き始めにかかとの底にチクチクした痛みやズキンと響くような痛みがあり、慣れてくると少し和らぐという症状があります。進行すると歩く度に激痛があり、かかとをついて歩くことが出来なくなります。進行した場合は、患部を強く押すと激痛と共に骨の隆起(骨棘)を感じることができます。

  原因は?

 かかとをつけ過ぎて歩く人それの中年以降の足の筋肉が衰えた人に多く発生します。これは指上げ歩きや安全靴などの固い靴、また退院後急に歩いても起こります。かかとのつき過ぎによってかかとの弾性組織が破壊され、石灰化と共に骨棘(こつきょく)という骨のトゲができてしまった状態です。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐし血行をよくする。
足裏バランステーピング バランスケアテープを施し、重心の位置を前に戻す。
土踏まずクッション 土踏まずの所に小さめのクッションを当てテープで固定する。
免震インソール 人工筋肉治療用免震インソールで「過剰な衝撃」を防ぐ。
専門家によるカウンセリング 痛みが軽減しない場合は専門医に託す。施術期間は4〜6週間

※初期の段階ではX線像に異常は出ませんが、触診をして、患部と骨の隆起(骨棘)を確認してください。また、進行した場合は、X線像にははっきり写ります。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。