KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜指上げ歩きとタコ〜

  症状は?
 
 足裏の指の付け根全体にできているぶ厚いタコで、角質層が厚くなり過ぎて歩く時にタコが異物となり、痛みを感じます。「中足骨胼胝腫」と呼ばれています。

  原因は?

 外板母趾や指上げ歩き、またハントゥーに似た足形は中足骨々頭部が突き出してしまい、歩く時にこの部分を地面に打ち付け過ぎてしまうため、中の骨を守ろうとする防御反応が起こり、角質層が厚くなってきます。足指が縮こまっているので、足の背にもタコができている場合が多くあります。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐし血行をよくする。
足裏のタコ削り 付け根の角質部分を専用ヤスリで削る。(刃物の付いたものは避ける)
タコ専用シート タコを削った所に専用シートを貼る。
足裏バランステーピング バランスケアテープを施す(足裏バランスを整える)
免震インソール 人工筋肉治療用免震インソールを必ず使用する。施術期間は4〜6ヶ月

※タコ自体はX線像に異常が出ませんが、痛みがひどい場合には中足骨々頭部の骨が砕けていると思って処置してください。これもx線像には写りません。タコを削っても皮膚が防御反応を記憶しているため、3週間くらいで同じようなタコが出てきますが、これを3回くらい繰り返し、テーピングでの足裏バランスを整えておくと再発しなくなります。タコは再発させないことがポイント。なお。中足骨々頭部の疲労骨折による痛みを、タコによる痛みと錯覚している場合が多いので、注意してください。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。