KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜足裏の付け根のチクチクした痛み〜

  症状は?
 
 これは中足骨々頭痛とよばれる症名で、人によって痛みの表現はまちまちですが、主に足裏第3、4の付け根の部分に灼熱感、ほてりを伴った痛みや、棘か針でも刺さっているような「チクチク」「ピリピリ」した痛みと違和感があり、タコまたは皮膚がぶ厚くなっているのが特徴です。痛みがひどい人は疲労骨折まで進行している場合が多いので注意してください。

  原因は?

 外反母趾のある人に多く見られ、つまずかないようにと無意識の内に指上げ歩きをして、指の付け根を地面に繰り返し打ち続けてしまうために起こります。指上げ歩きは靴の中で足先がZ字形となり、上下から圧迫される格好で収まっているため、中足骨の骨頭部分がクッション無しに地面に打ち付けられることになります。これを1日何万回と繰り返してしまうため、骨頭部分の骨が破壊されたり、変形して棘のようになり、これが歩く度に神経を圧迫し、様々な症状を起こしているのです。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐし血行をよくする。
足裏のタコ 痛む所やタコの部分に損傷の程度に応じて専用シートを貼るまたタコがあつい場合は削る。
足裏バランステーピング バランスケアテープを施す。(足裏のバランスを整える)重傷の場合は包帯を巻く。
免震インソール 人工筋肉治療用免震インソールを使用し幅広のヒモ靴を履く。
治るまで長期を要するので原因をよく理解し根気よく続ける。施術期間は4〜6ヶ月

※X線像には異常が現われませんので、触診(上下から指で強くつまむ)で損傷の程度を確認してください。悪化させてしまった場合のみ、疲労骨折としてX線上に異常が現われます。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。