KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜指間と小指にタコができている〜

  症状は?
 
 指の間のタコや、小指の外側にタコができてる人のほとんどに外板毋趾が見られ歩く度に痛みが響きます。特に小指の外側のタコは靴に圧迫され、激痛に変わることがあります。また、外板母趾と共に足指が縮こまっているため、指の背にも靴とこすれてタコができている人が多くいます。

  原因は?

 中足関節が緩み、外板母趾と共に指が縮こまっていると靴の中で指が他の指を圧迫し続けてしまいます。皮膚の一部の角質層が繰り返し圧迫されると、その部分が防御的な役割によって厚くなってしまうのです。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐし血行をよくする。
ヤスリ 足指全体の屈曲運動を行った後、必ず専用ヤスリで指間のタコを削っておく。
タコシート タコを削った所に専用シートを貼り、指同士の摩擦を防ぐ。
足裏バランステーピング バランスケアテープを施し指同士が当たらないようにする。
グーパーリハビリ運動 正しいグーパー運動を行い幅広のヒモ靴を履く。施術期間は3週間。

※タコ自体はX線像には異常が出ませんが、圧迫され続けると指骨に疲労骨折を起こす恐れがあるので、早めの処置が必要です。また、タコを削っても皮膚が防御反応を記憶してるため3週間くらいで同じようなタコが出てきますが、これを3回くらい繰り返しテーピングで足裏のバランスを整えておくと、再発しなくなります。タコは再発させないことがポイント。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。