KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜足の甲が痛む〜

  症状は?
 
 甲の骨が知らない内に高くなっていて、歩くたびにズキズキしたりあるいは、甲が靴の内側に触れているだけでも痛みを感じることがあります。急性の場合は激痛で、足がつけないこともあります。こうした足の症状を起こす人は、仮骨性の外反母趾があり、甲高になっている場合がほとんどで、甲にある関節(リスフラン関節)も亜脱臼している事が多くあります。

  原因は?

 外反母趾やハイアーチの人は足指が弱いため、体重が甲の一部に集中し、重力の負担が繰り返されて、過剰仮骨が形成され、骨が高く盛り上がってしまうのです。ハイアーチの人は中足骨が上方に、偏平足の人は中足骨が下方にそれぞれ亜脱臼している場合が多くあります。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐす。
リスフラン関節の修復 手技にてリスフラン関節の整復を試みる。
足裏バランステーピング バランスケアテープを施す。(足裏のバランスを整える)
固定用テープでの足背部補強 テープの上にさらに伸びない固定用テープを用いて甲の部分に巻き、患部の補強を試みる。
靴 長時間の立ち仕事を避け、履き物は幅広のヒモ靴を使用する。施術期間は2週間。

※X線に異常は出ません。親指の付け根をしっかりと握って、グリグリ回して下さい。ポキッとしたリスフラン関節亜脱臼の整復音を聞くことがあります。外反母趾の人、足裏のバランスの狂っている人に多く発生し、3人に1人の割合で左足に整復音を聞くことが出来ます。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。