KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜人差し指の付け根が痛む〜

  症状は?
 
 最近、足指の第2指の付け根に痛みを訴える人がかなり増えています。最近はチクチクした軽い痛みから始まり、そのうち歩く度にズキズキした痛みに変わり、ひどくなると2指の付け根の部分が熱っぽくなり、腫も出てきます。第2の付け根を上下から強くつまんでみると、激痛があるのですぐ分かります。中にはすでに疲労骨折を起こしていて、その部分の骨が仮骨形成により太くなっています。

 また、この部分にタコがあったり、皮膚が厚くなっているのも特徴です。

  原因は?

 立ち仕事や外歩きの仕事をする人に多く見られますが、主婦が固い靴を履き、急に長時間の外出や旅行などでこの部分を強く打ち続けて歩いても痛くなります。歩く時無意識の内に指上げ歩きをし、第2指の期節骨が立ったままの状態で地面を直撃するため第2中足骨久頭部の骨が破壊されように変形し、変型した骨が周りの神経を刺激して痛みをしき起こしているのです。

  改善策は?

手技または足裏専用マッサージ器で足底部の緊張をほぐし血行をよくする。
手技にて親指の運動稼働域拡大を図ると共に、リスフラン関節の整復を試みる。
バランスケアテープを施す。
人工筋肉治療用免震インソールを使用し、幅広のヒモ靴を履く。
症状がひどい場合は、包帯または伸びない固定用テープを基本アーチテープの中に挟んで巻く。この時伸びないテープはできるだけ弱く巻く。施術期間は3週間〜1ヶ月

※通常、X線像には異常が現われませんので、諸診(上下から指で強くつまむ)で損傷の程度も確認してください。こじらせ、悪化させてしまった場合のみ疲労骨折としてX線に異常が現れます。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。