KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜モモが太い・骨盤よりもはみ出している〜

  症状は?
 
 「ももが太い」、「ももが骨盤よりはみ出している」、「腰とももが異常に太い」という状態です。

  原因は?

 悪い歩き方の中でも特に親指を反らしたり、また極端に親指を上げて歩く癖がついているためです。親指を上げて歩くということは、重心の位置もかかとへ移動し、足裏が不安定になってしまいます。この足裏の不安定を力学的にももの筋肉(大腿四頭筋)が補う形となり、異常に発達し太くなってしまうのです。親指を上げた歩き方を続けていると、知らない内にももの筋肉が発達し、その筋肉を疲労させないため、さらに脂肪が蓄積される。これを繰り返してももがますます太くなるのです。特に親指を上げて歩く人は蹴り出す時に足先が外方向へ流れるため、ももの外側に筋肉がつき、骨盤よりはみ出した形で太くなるのです。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ

手技または足裏専用マッサージ器で15分マッサージを行い、足底部の緊張をほぐす。

リスフラン関節の修復 手技による親指の屈曲運動可動域の拡大を図る。
足裏バランステーピング バランスケアテープで足裏の安定を図り、大腿部への力学的負担を軽減する。
開脚運動

特に開脚運動を徹底して行う(半年で胸が床につくまで行うと、股関節が正常の位置に戻る)。


戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。