KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜O脚〜

  症状は?
 
 すねやももが外側にはみ出し、両膝や股関節が開いている状態です。

  原因は?

 歩くとき、足先が外方向へ流れるような歩き方をしていると、ねじれのストレスがそれぞれ・甲の外側、・膝の外側、・股関節の外側へと逃げ、それに伴って骨格も外側にはみ出す形となってしまいます。力学的には図のようなアンバランスが発生し、O脚になってしまうのです。指上げ歩きはもちろんですが、特に外反母趾の人はつまずかないようにと指先を上げてしまい、足先に力が入らないため、正しく蹴って効率よく歩くブレーキの作用が弱まり、どうしても足先が外方向へ流れやすく、「必要以上のねじれ」の影響を受けてしまうのです。特徴として、中足関節(横アーチ)が緩み、内反小指、タコ、小指の変形など小指の変形など小指側に力不足や異常のある人に多く見ることができます。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用バイブレーターで、足底部とアキレス腱の緊張をほぐす。
グーパーリハビリ運動 手技にて足指全体の屈曲運動可動域の拡大を図ると共に、リスフラン関節の整復を行う。
足裏バランステーピング バランスケアテープで足裏のバランスを整え、上半身の姿勢を起こす。
.膝閉め屈伸運動 「開脚運動」と「膝しめ屈曲運動」を特に徹底して行う(股関節内骨頭偏位の回復を目指す)。
O脚専用サポーター

O脚専用サポーターを使用するかまたはゴムベルトで両脚を軽く締める(就寝時に行う)。


戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。