KASAHARA.net
サイトマップ

 足から美と健康へ!
  過労性構造体医学


 笠原 巌 PROFILE


 お悩み別カウンセリング


 笠原 巌の施術院案内


 KASAHARAコラム


 HAPPY VOICE


 紹介されたメディア



 資料請求・お問い合わせ


 マスコミ・企業の方へ


 KASAHARA.net TOPへ





 
お悩み別カウンセリング


〜側弯症〜

  症状は?
 
 「背骨が曲がっている」、「左右の肩の高さが違う」といった症状で、一般的に側弯と呼ばれる症状です。

  原因は?

 毎年5、6月頃に行われる学校の身体検査で、側弯症(背骨が曲がる病気)と診断されたほとんどの子供に、外反母趾や重心の片寄りが見られます。しかも左右でその差が著しい子供ほど、側弯症が顕著です。

 特に片側に外反母趾があると、その側の足kさきが外方向へ流れるような片寄った歩き方をしてしまい、股関節の位置も狂ってきて片方の前側の骨盤(前腸骨棘)も高くなり、高くなった前腸骨とバランスを保とうと背骨が曲がってくるのです。

 子供も大人も同じ理由で、最初の土台にあたる足のバランスが狂うと、その狂いに対応しようと次々に上半身へ狂いが生じてきます。これはちょうど積み木の一段目がわずかに傾いていると、その積み木の上部はカーブを付けて反対側に曲がり、重心の位置が移動してくるのと同じ原理です。

  改善策は?

足裏天国バイブレータ 手技または足裏専用マッサージ器で足底部に10分間のマッサージを行い、緊張をほぐす。
足裏バランステーピング バランスケアテープで足裏のバランスを整え、上半身の姿勢を起こす。
開脚運動 開脚運動を徹底して、継続的に行う。
腕立て伏せ 腕立て伏せを週4回行い、筋力トレーニングで左右のバランスを整える。
足裏バランスフットケア 症状がひどい場合は、足元から全身のバランスを整える専門家のバランス整体を受ける。

戻る
Copyright© 2005 ハイタッチK.All rights reserved.
このサイトで使用している、画像・ロゴマーク・文章など一切の無断使用を固くお断りいたします。